ホーム>産後のママさんへ>産後のカラダについて

産後のカラダについて

みなさんは『産後ケア』って、ちゃんと理解されてますか?

belt20191213115954.jpg
正しくは、出産後の女性の心身をサポートすること
 
過去の新聞に、こんな記事があったのはご存じですか?
 
『 産後の母子、施設でケア…新米ママの不安緩和 』
( → 読売新聞 2013年5月26日より )
 
政府は、これまで手薄だった出産時の支援を強化するため、出産直後の母子を宿泊や日帰りで受け入れる「産後ケアセンター」を全国で整備する。
核家族化で実家に頼れない妊産婦が増えるなか、出産で疲弊した母親の心身のケアや授乳支援などを行い、子育てのスタート期を応援するのが狙い。
 
6月にまとめる「経済財政改革の基本方針(骨太の方針)」に盛り込み、来年度はモデル事業に取り組む。
「産後ケアセンター」には助産師らが常駐し、産後の母体の回復や赤ちゃんの健康チェック、もく浴や抱き方などの指導や育児相談も行う。
 
多世代同居が減り、産後に頼る人のない母親が増えている一方、出産時の入院期間は産科医不足のため以前の1週間から4、5日が一般化している。
授乳にも慣れないまま退院し、育児不安や過労により、出産後に1割が産後うつを発症しているとされる。虐待に発展したり第2子以降の出産を困難にしたりするケースもあり、産後ケアの必要性が指摘されていた。
 
やっと政府が重い腰をあげて産後ケアに力を入れようとしてくれてますね。
日本では産後ケア専用施設が東京の世田谷区に5年前初めてできましたが、まだ圧倒的に数が足りてません。
 
女性は出産すると、身体に大きな負担がかかるのに加えて、ホルモンバランスが崩れたり、夜の授乳で生活リズムが乱れるため強いストレスにさらされます。
精神的に不安定になりがちなので、産後うつにならないために身体だけでなく心のケアも必要なんです。
PAGE TOP