ホーム>産後のママさんへ>産後に骨盤矯正がなぜ必要?

産後に骨盤矯正がなぜ必要?

産後の骨盤矯正がなぜ必要?

2019121312849.jpg
 妊娠すると、胎児の栄養確保のために骨盤は前傾し、股関節も外側にでっぱり、骨盤全体がゆるみながら広がります。
 
 出産の際には胎児の頭を通すほどに最大に開ききった骨盤が、産後時間をかけて徐々に元の大きさに戻る・・・
 
はずなのですが、現代の妊婦さんは日常生活での筋力不足や循環不足などで、そのままにしておくと骨盤がきちんと元に戻らないことが多いようです。
出産で骨盤の下の方が広がり、本来は逆三角形のカタチの骨盤が四角形になります。
 
骨盤の容量が大きくなった分、重力に逆らえずに内臓が全体的に下に移動するため、臓器の働きが悪くなったり、むくみやぽっこりお腹といった、あまりうれしくない状態になってしまいます。
 
この状態が定着してしまうと、元の体型に戻すのはかなり至難の業です。
 
産後半年間は体中の関節がゆるゆるになっているので、体型を整えるチャンス!
 
でも、きちんと整えておかないと、体型の崩れを定着させてしまう時期でもあります。
 
一生に何度もない「矯正の絶好のチャンス」であるこの時期に正しい姿勢を習慣づけることがとても大事です。
PAGE TOP